サッカー

Pocket

「私は人生を学ぶために運動をする」

鄭明析先生は人々の想像をはるかに超える量の運動をなさる。
ある時はサッカー経験者も足がつって動けなくなるほどにサッカーをされたこともある。

鄭明析先生のサッカーをする姿を見て、ある人は「鄭明析先生は本当にサッカーが好きなんだなぁ」と言ったりもするのだが、あまりにも鄭明析先生のことを分かっていない質問だ。
膝が痛くなったとしても、テーピングをまいてでもやる。
誰がどうみても足を引きずっているのに、それでも走る、ゴールを決める。
狂うほどにサッカーが好きだったとしても、そこまではできないと思うほどだ。

なぜそこまでしてサッカーをされるのか?
その本当の真意は鄭明析先生を知れば知るほどに分かるのだが、サッカーを通してこのように人生を生きるのだ!と叫ばれているのだ。
文字通り命を懸けて

 

「瞬間の時・機会を逃すな。」

ある時、鄭明析先生のところにボールが来たのだが、そのボールをダイレクトでシュートし、ゴールを決めた。

パスを受けてボールを持っていると敵がすぐに来てしまう。
ややもするとボールを奪われてしまう。

ダイレクトで打つのが一番速いとおっしゃりながらゴールを決めたわけだが、
これと同じく、「機会を掴むためには素早くやらないといけない、瞬間の機会を逃すな。」とコーチしてくださった。

「サッカーをしながら人生を学ぶことができる」ということは、私にとっては本当に衝撃だった。

ただ楽しいスポーツ、勝ち負けで一喜一憂するスポーツではなく、そこから自分の人生の学びを得ることができるのが摂理のスポーツの真骨頂だ。

 

 

「サッカーは神様に捧げる賛美だ」

鄭明析先生がサッカーを始められるようになったきっかけは健康のためだった。
朝の6時から8時まで毎日2時間、6カ月間運動を継続されたのだが、運動によって健康を完全に回復させることができた。
そうして健康が回復した後にも続けてサッカーをされていたが、鄭明析先生は「私が御言葉を伝えるために来たのにサッカーをあまりにも親しく行っているのではないか?」と神様に申し訳ない気持ちになった時、「サッカーは神様に捧げる賛美だ」と悟られたのだった。

いつもどんなときも、サッカーをするにしても、何をするにしても、鄭明析先生の心は神様に向かっている。
自分も体験してみてわかるが、心が神様に向かい、ただサッカーをするのではなく神様に捧げる賛美としてサッカーをしてみると、これまでに味わったことのない心霊の喜びに満たされる。

私がサッカーを3時間、4時間以上やっても
疲れて大変がっていたという言葉を聞いたことがあるか? ないだろう?
私はサッカーが好きで、そのようにしていたのではない。
あなたたちに見せてあげようと、そのようにしていたのではない。
三位を愛しているから、そのようにした。
ただそれが私の目的だった。
人々は私に、祈りに狂った、信仰を間違えているといって嘲笑(あざわら)った。
しかし私はやり続けた。
ひと時も、心が折れたことはなかった。
なぜか? 目的が正確だったから、そうだ。

『正確な目的』より

 

平和サッカー

鄭明析先生は「サッカーをするとき、絶対にぶつかったり、ラフなプレーをしないことだ。平和なサッカー、仲睦まじくするサッカー、私のサッカーの趣旨と法だ。」とおっしゃりながら、必ずサッカーをする前に皆に話してあげるようにとコーチしてくださった。

また、「私は相手がをいつも私の恋人だと思ってプレーをした。自分にボールが来たとき、そのときだけ技術を発揮したらいい。相手が来る前にパスをし、紳士的なサッカー。」とサッカーをする時の心構えもコーチしてくださった。

これは鄭明析先生の理論を語っているのではなく、実際にサッカーを通して平和を実現しようと実践して来られた実体の言葉だ。
「そのようにしてこそ疲れず、終わった後も互いに笑顔で終わり、互いに申し訳なくないし、気まずくない。」と加えてくださった。

そのようにして鄭明析先生は摂理でサッカーをされながら「平和」な世界を創出する。

マタイによる福音書5章9節
平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。

 

 

 

****************

>>普段の活動
サッカーの練習・試合(各地域ごとで異なるが、週1~3程度)
全国サッカー交流試合(年4回、春夏秋冬)

>>活躍実績
国際交流サッカー(毎年春・秋に韓国にて開催)

****************

 

 

2019/2/15
摂理スポーツ・LDK

PAGE TOP