摂理スポーツ設立

摂理スポーツ設立

Pocket

「野球のための人生ではない。人生のための野球だ。」とは言われたが、、、

私は小学校4年生から大学4年生までの約14年間、野球に没頭してきた。
「14年間」という歳月は到底“ヒトコト”では語りきれない。
文字通り、雨風・雪の中でも野球をしてきた。
野球の指導者からは「野球のための人生ではない。人生のための野球だ。」と教えられた。
しかし、実際には、人生の中で“野球”のことしか考えることはできなかった…

野球選手としての人生の終わり

大学4年生の時に転機が訪れた。
リーグ戦の最中、私は1試合で大失策を2度したことで自分の野球人生に見切りをつけるべきだと感じた。
さらに、大学院進学の勧めを受けていたこともあり、野球選手としての人生にピリオドを打つことを決心した。

引退後は図書館に朝から晩までこもり、大学院入試のための勉強に没頭した。
そして大学院入試で志望の大学院合格を勝ち取った。
大学院に進学して新たな人生を切り開けるという希望は、野球選手として大成できなかった自分自身を慰めるには十分だった。
(しかし、人生の根本の問題は解決できていなかった…)

 

「お前は何がしたいんや?」

野球のための人生と決別したと思い、胸を張って大学院に入学した。
しかし、大学院での研究活動は苦痛の連続だった。

私の担当教授は、研究内容を吟味する度に、このような問いかけをされた。
「あなたは“何”がしたいのか?」
この問いかけは“研究内容”に対することであったのだが、
“人生”に対する問いかけとして私の耳には聞こえた。

自問自答の日々だった。
本当に“何”をしたいのか?と…
何をするときにも考えた…
自分が好きなことをしながらも本当に“何”をしたいのか?と考えた…
本当に“何”をしたいのか…
頭が割れそうだった…

 

摂理との出会い 

どれだけ考えても“答え”は出なかった…
「本当に“そう”したいのか?」と問われれば、“そう”しなくてもいいと思えた。
自分が本当に“求めているもの”とは一体何だろうか?
巨大な迷路を抜け出せずに同じところを何度も行ったり来たりするような感覚だった…
「したいことは何もない、じゃあ…」と命を絶つという結論が出てもおかしくない状況だったと回想する…

そんな中、私は摂理に出会った。

 「水を得た魚」
当時の私の状況を表現する言葉としては、これに以上に勝る言葉はない。
自分が求めていた“人生の答え”を摂理の中で見つけた私は御言葉に食らいついた。
運命は決まっているのか?
人間は生まれて死ぬけれども、一体なんのために生きるのか?
死んだらどうなるのか?
そのような人生の問題の答えを摂理の御言葉で得ていった。

 

自分の個性

私は「自分の個性を発揮して生きたい」と願っていた。
自分の個性とは何か?
自分は何をするときに一番輝くのか?
やはりこの答えもすべて摂理の御言葉の中にあった。

私の個性は「スポーツ」だった。
鄭明析牧師は、14年の歳月を費やした野球を人生に活かすことができるようにコーチしてくださった。
まさに、野球のための人生を人生のための野球へと転換してくださったのだ!

 

『摂理のスポーツ』の立ち上げ

その表現の場として『摂理のスポーツ』を立ち上げるに至った。
なぜスポーツをするのか?
そもそもスポーツとはどのようなものなのか?

鄭明析牧師は「スポーツは神様に栄光を帰する芸術だ」と教えてくださった。
スポーツという営みの在り方がこの一言に集約される。

日夜、スポーツに打ち込み、青春全てをスポーツに費やす方々が多いと思う。
そういう方々に是非とも読んでいただきたい。
私が学んだ限りを尽くして、スポーツについて、人生についてお伝えしようと思う。
また、このサイトを通して「摂理(宗教)」についても正しく知る機会にしていただけたら幸いだ。