マラソン大会にてコースを間違い参考記録に。正しいコースを走ったのはたったの一人。

Pocket

先日、
とあるマラソン大会にて
参加者一人を除いて
コースを間違えるという
出来事があった。

 

この出来事を通して
私たちが教訓とすべきことは
何だろうか?

 

たった一人が
正しい道を行き
ゴールしたという事実…

 

最近のニュースを見ていると、
様々な不正腐敗が明るみになり、
国の機関といえども
信頼が揺らいでいる…

 

赤信号
みんなで渡れば
怖くない

 

そんな世の中で
あってほしくはない…

 

たとえ周囲で
そのような不正腐敗が
常習化していたとしても、

何が善であり、
何が悪であるのか、
“良心”を持って
分別したいものだ。

 

ローマ人への手紙12章2節
あなたがたは、
この世と妥協してはならない。
むしろ、
心を新たにすることによって、
造りかえられ、
何が神の御旨であるか、
何が善であって、
神に喜ばれ、
かつ全きことであるかを、
わきまえ知るべきである。

 

たった一人だったとしても
正しい道を行きたいと思うし、

たった一人正しい道を行く人がいるならば
必ずついていきたいと思う。

 

 

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物はラーメン、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP