バレー

Pocket

「ボールは命だ。」

「生(い)かせ~生かせ~」
鄭明析先生はバレーボールをしながらそのように声を張り上げる時がある。
ボールを命と考えてプレーされているからだ。

バレーボール選手たちはありとあらゆる手段で“ボール”を生かす。
自陣にボールを落とさないことが競技の核心だからだ。
(余談だが「ボールを拾う」と表現するのは競技の核心から出て来る言葉ではないかと思う。)

 

「いつも自分のところに“ボール”が来ると思って準備していなさい。」

鄭明析先生のコーチだ。
一流の選手だったとしてもミスをする時がある。
それは技術が不足しているからではなく、自分が思ってもいない時にボールが来るからだ。
だからいつも自分のところにボールが来ると思って準備することがあまりにも重要だ。
この考えひとつでこれまで生かせなかった“ボール”を生かすことができるようになるだろう。

 

狭いところに落とす

鄭明析先生の特技の中の一つが空いている穴を正確に見ることだ。
みなが万全な守備体制についていたとしても、狭くとも空いている穴を見つけてそこを狙って落とす。
「広い穴にはいれたくない。打ちたくない。スリルがない。狭くて狭い穴。鼻の穴、目の穴、穴のあるところに打ち続ける。」と歌も作ってくださった。

マタイによる福音書7章13~14節
狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。
命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。

鄭明析先生はただバレーボールをしているのではない。
バレーボールを通して、命を生かすことと、命にいたる道をどのように行くのかを教えてくださっている。
もちろん、笑顔で、楽しく。

 

 

****************

>>普段の活動
バレーボールの練習・試合(各地域ごとで異なるが、週1〜月1程度)
バレーボール大会(関西・関東地区別、年1,2回)

>>活躍実績
国際交流(韓国を中心にして年1回)

****************

 

2019/2/15
摂理スポーツ・LDK

PAGE TOP