摂理スポーツとは?

Pocket

なぜスポーツをするのか?
運動する覇気を見て摂理史(歴史)をそのように走りなさいということです。
運動をすることだけを見つめ、自分がする運動だけを学ぼうとしないで、
主のように覇気と力があり、知恵深く、賢明に、果敢に、大胆にしよう!という意味でスポーツをするんです。
(20190210主日礼拝の御言葉の後で)

 

すべて摂理(歴史)もこのように走れと
運動する時も見せて
生活する時も見せて
生活を感じるようにしてあげている
(20190116名曲の経緯)

 

鄭明析先生はスポーツを通じて「このようにこうするのだ」と人々にメッセージを伝える。

ただスポーツを楽しんでいるわけではない。
その“動き”の中には深く深いメッセージ(御言葉)が詰まっている。

 

例えば、バレーボールをしながら、
「ジャンプはタイミングだ。タイミングは他の言葉で『時』だ。『時』に従って正確に動くことだ。」とコーチしてくださった。
(『時』は時間とも言えるし、機会とも言えるし、時代とも言える。)

また、あえて狭い隙を見つけてそこにボールを落として得点をあげながら、
「スリルあるように、胸がすっきりするようにしなさい。」とコーチしてくださった。
(私個人的にはこのコーチがとても良くて、マンネリ化しがちな日常生活にスリルを、楽しみを見出せるようになった。)

そういったコーチの一つひとつが
スポーツ活動だけではなく、自分の実際の生活に結びついていく。
これが摂理のスポーツの真骨頂だと自負する。

 

命を懸けてスポーツに取り組む人たちは多い。
「勝利」という二文字に向かって。

血のにじむ努力から生まれるパフォーマンスは
「美しい」と形容されるほどに人々の心を虜にする。

そんなパフォーマンスを追及しながらもう一歩突き進めてみてほしい。
スポーツという営みが自分の人生にとって一体何なのか問いつめてみてほしい。

その問いの答えを“摂理スポーツ”に求めるならば
必ず得られると信じています。

 

2019/2/12
摂理スポーツ・LDK

PAGE TOP