【連載】エキスパートへの道~目的・目標を定め、挑戦だ!~

Pocket

お待たせしました、摂理スポーツの連載記事『エキスパートへの道』の第二弾!

*エキスパートとは、熟練者・専門家という意味です

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s

突然ですが、みなさんに質問です。
みなさんは普段練習をするときにやる気に満ち溢れていますか?
やる気があまりないなぁと感じているのならばその原因は何だと思いますか?

 

スポーツ心理学の「モチベーション(≒やる気)」について取り上げる分野の中でゴールセッティング(=目標設定)というモチベーションを高める手法があります。
具体的には専門書を開いて見ていただきたいのですが、(後日詳細に取り上げるかもしれません)
核心的に言うならば、目標の設定次第でモチベーションが変わるということです!

 

今週、鄭明析牧師は主日礼拝の御言葉として「目的を定めて挑戦し、行ないなさい」と目的・目標を定めて行なうことの重要性について教えてくださいました。(極めて実践的!)

以下、抜粋です。

<目的と目標を定めること>はちょうど家を建てる時や開発する時「設計図」を描いておいて、その設計どおりに家を建て、開発することと同じです。

船が広い海を航海するのに<目的>なしに、ただあちらこちらへさ迷ったら、結局、海で漂流するようになります。

これと同じく、信仰も、万事すべてのことも、<目的>を定めておいてやってこそ、<精神>も、<考え>も、<行動>も、<言葉>も、<生>もぼやけないで、はっきりします。

<目的>を持って行なう人は、ちょうど「山の頂上を目標に定めておいて行く人」と同じで、「他の方向」には行かなくなります。
だから「時間」も「人生」も無駄遣いせず、大変でも「挑戦」するようになります。

<目的>を定めて研究し、行なって、強く生きてこそ、たくさん行なうようになり、早く行なうようになり、直すようになり、目的を成す喜びが絶えません。

みんな<目的>を定めておいて生きなければなりません。
そしてその<目的>を成すために行なわなければなりません。
そうしてこそ、船が目的地に向かって広い海を航海するように、<精神と考え>も、<行動>も、<生>も明確ではっきりして、<目的とした方向>に行くようになります。

引用:摂理のポータルサイト・マンデーより

もしみなさんの中で練習の時にやる気がでない(≒精神も、考えも、行動も、言葉も、生もぼやけている)のであるならば、ぜひとも自分の今やっていることの目的・目標を点検してみてください。

今自分は熱心に練習をしているけれども、この練習の目的は何だろうか?
何のために練習をしているのだろうか?
自分の目標は何だろうか?
何に向かって進んでいるのだろうか?

こういったことを一つひとつ点検してみて、紙にでも書き出してみてください。

そうして、自分の目的・目標をはっきりと定めて、挑戦することです!
挑戦する前に、まずは自分の中で目的・目標をはっきりと定めるということがポイントです。
そうしてこそ、やっている途中で迷子になりません。

20140827-13_ja
<目的>をもって行ないなさい。
そうすれば100パーセント得る。

 

目的・目標を定める⇒挑戦。この順番をお忘れなく!!

20150720-10_ja
万事すべてのことは挑戦することだ。
そうしてこそ成就する。

 

摂理スポーツでは、エキスパートの道を歩むみなさんを応援しています^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP