グランド整備~草刈りを通して学んだ月明洞のグランドの真髄~

Pocket

今日は真夏日でした。
一日中練習があり、外で過ごしたために日焼けしました^^;
子どもたちと共に汗を流した一日を終え、疲れはあるものの、充実感を覚えながら書いております☆

今日はグランドの整備を念入りに行いました。
特に外野の草刈りをしました。
20160910
1時間という短い時間でしたが、集中してやったらあっという間に1時間が過ぎました。

しかし、その1時間でできた量はライトの1部分だけ。
夏に生えた草はなかなかしぶとく、簡単にはいきませんでしたね。。。

20141217-5_ja
人はやればできるし、やらなければできない。
部屋の中のごみ一つも、片づければすぐになくなり、
片づけなければ片づけるまで、そのままある。
万事すべてのことが、やればやる分だけできるし、
やらなければやるまでそのままある。

 

草も刈った分だけ草がなくなってキレイになるし、刈らなければそのままある。
大変でも一つひとつ地道に草を刈れば、結局はすべて刈ってキレイにすることができる。

残っている分は来週に頑張って刈ろうと思います!!

 

 

P.S.
今日、草刈りをしながら、鄭明析牧師もこんな風に月明洞のグランドを作られたのだろうか?と考えていたところ、自分はすでにあるグランドを整備しているけれども、一からグランドを作ることはどれほど大変なのだろうかとその労苦が少し感じられました。

0000060891_ec1f764517b7ffb52057af6df18142b7n
そして、月明洞のグランドを見てみてください。
草一つありません!これぞ、月明洞のグランドの真髄です!
グランドの整備をしたことがある人はよくわかると思います、草一つないグランドを作り上げることがどれだけ大変なことなのか。

鄭明析牧師が月明洞のグランドを作られ整備されたように、そして、今も整備されているように、僕もグランドを整備したいと思います^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP