自分を点検する言葉

Pocket

人は何か良い“モノ”を見つけると、その“モノ”に偏ってしまいがちです。

「これさえあれば問題ない。」

「これさえやっておけば大丈夫だ。」

そのように心の中でささやきます。

 

確かにその“モノ”が大きな影響を及ぼすとは思いますが、その“モノ”が全てを兼ね備えていると言えるでしょうか?

 

最近、僕は健康のために雑穀(黒米、押し麦、麦)を食べているのですが、「健康に良い」と聞いて食べ始めた時には「これさえ食べておけば健康には問題ないだろう」と考えていました。

しかし、雑穀は人が生きていく上での必要な栄養素を全部含んでいる“万能食”ではありません。

 

『一つを“神”にするな』

これは鄭明析牧師が教えてくださったことなのですが、大なり小なりみなさんにも当てはまることがあるのではないでしょうか?

 

アスリートのトレーニングメニューを見てみても、「これをすれば体力面は問題がない」というような“万能メニュー”はありません。

『~~理論』や『ーーメソッド』という“モノ”がたくさんありますが、あくまでも一つの方法論であることを忘れてはいけません。

 

ダイエットに興関心がある人たちが陥りがちなパターンにも『一つを“神”にする』ことが当てはまります。

「これをすれば痩せる!」

そんな噂が広まることもありますが、果たして本当にそうなのか、考えなければなりません。

自分が取り入れているものを一つ一つを見て、点検することが必要だと思います。

大抵、部分的に満たすことのできるものはありますが、それが全体を満たすことができない場合が多いからです。

 

『一つを“神”にしていないか?』

自分を点検する言葉として是非とも覚えて随時自分自身に問いかけてみてください^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP