ランニングの効用

Pocket

今朝まだ日が昇る前・明け方の時間に1時間くらいランニングをしながら思いついた「ランニングの効用」について書きます。

 

 

①身体がほぐれる

最近、日中ほとんどの時間をPCの前で過ごしていて、首や肩に違和感がありました。。。

その違和感がランニングをしたことで、首や肩がほぐれました!!

また、PCの前では猫背気味になっていたのですが、ランニングをしたことで姿勢も矯正されました!!

 

②心がほぐれる

ランニングをしている最中にはほとんどネガティブな考えが起こりません。(←僕だけでしょうか?笑)

思い悩んでいたことも、ランニングによって「よし頑張ろう」と前向きな心になることがあります!

 

*僕が使う【ほぐれる】という表現は、問題が解かれるというニュアンスです。

 

心身相関(しんしんそうかん)
心理と生理との作用・活動が相関関係にあること。感情は身体にも適応する形で現れ、また、身体の疲労は心理的意識となって反映する。(デジタル大辞泉より)

 

心と身体が密接に関わっていることはよく知られています。

心の問題を抱えている人たちがたくさんいますが、なかなかその問題を解決することに苦戦しているのが現状だと思います。

 

 

僕は心の問題を解くカギは身体に働きかけることではないかと考えています!

ランニングは気軽に始めることができますし、人や環境の制約をあまり受けないのが大きなメリットなので、何らかの心の問題を抱えている人にはオススメです!!

 

深刻なほどに心が病む前に、ぜひともランニングをしてみてはいかがでしょうか?

ランニングの効用をみなさんが味わっていただけたら嬉しいです☆

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

PAGE TOP