プロスポーツの世界におけるTSE

Pocket

摂理のポータルサイトにこんなコラムがあります!

プロスポーツの世界におけるT.S.E

 数日前の記事によると、世界のスポーツスターのうち最近10年間で最も多くお金を稼いだ選手は、米国のゴルフ皇帝タイガー・ウッズ(Tiger Woods)だそうです。ウッズは10年間で8億4500万ドル(韓国ウォンで約1兆)を稼いだそうです。年平均、韓国ウォンで千億程度を稼いだということですが、ゴルフ世界ランキング100位くらいの人と所得が数百倍~千倍の差があります。面白いのは、通算世界ランキング1位と100位の選手のゴルフゲームの中での平均打数は2打差ほどの非常にわずかな差しかないということです。
 上記の二つの例のように、「小さいけれど特別な差」がとてつもない結果の差を作ることを「TSE(The Small Extra)」といいます。実際にすべてのプロスポーツ選手は、長い間やってきた動作を今も毎日毎日練習しています。「やらなくて忘れるかも」という次元で毎日するのもそうですが、実際には「T.S.E」のために、すなわち踏み出す足の歩幅を数cmもっと伸ばしてみて、腰の回転速度を0.5秒速くしてみようと、そんなにももがいているのです。
 まさに、もう少し変化するために、もう少しやってみて、もう少し汗を出す過程で、自分が抱えている「問題」をむしろ新たな自分だけの「強み(解答)」に変え、さらに完全に新しいプレイ(Play)を創出しようとしているのです。結局、他の人よりもう少し努力して「小さいけれど特別な差(TSE)」を見つけ出す人が、それこそ世界的な選手になるのです。

http://god21.net/Square/LearningCenter/threespoons/View/41153

衝撃ですよね!

通算世界ランキング1位と100位の平均打数差が2打差ほどなんて!!

 

自分の運命が変わるのは少しの差だと身に染みた記事の紹介でした~

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

PAGE TOP