時間に関する金言

Pocket

20140605-13_Ja

時間が重要だというより、

時間をどのように使うかが重要だ。

 

 

20150221-5_Ja

<時間>はどのように使うかによって

「使った痕跡」が見え、「有益」が左右される。

 

さて、みなさんは一日の時間をどのように使っていますか?

 

一日の時間をどのように使っているのか、一度紙に書き出してみなさい

 

鄭明析牧師がこのようにアドバイスをくださいました。

実際に自分の時間の使い方を紙に書いてみると、思いのほか雑多なことをするところに時間を使っていることに気が付きます。

 

20150325-4_Ja

一日中<時間>を惜しんで使いなさい。

雑多なことをするところに時間を奪われることをしないだけでも、

<時間>は十分だ。

 

本当にその通りだとうなずくしかありません。

 

20150924-29_Ja

<現在>時間を浪費して楽にばかり生きる人たちは、

<未来>において「砂漠」に置かれて生きるようになり、

「修羅場の生」に置かれて生きるようになる。

 

自分が時間を浪費して自分自身を苦しめることほど愚かなことはありませんね。

僕も、お菓子をつまむ時間、ネット記事を見る時間、目的なく過ごす時間を削っていきます^^;

 

 

20140115-19_Ja

明日また時間があると思うな。

今日できなければできずに終わるのだ。

 

明日はないと思ったらエンジンかかりますよね!

「明日やればいいか!」という安直な考えを捨てましょう!

 

 

20150506-3_Ja

すべきことは、時間が流れれば流れるほど、やることが難しい。

すべき時間に行なうことが最高に易しい方法であり、

栄える道だ。

 

20150506-1-2_Ja

すべき時間に行なう人は平坦な道を行く人だ。だから、楽に行く。

すべき時間を逃して後で行なう人は、登り坂を登る人だ。

だから、その分大変で、のろのろと行く。

 

その時々で自分が何をすべきなのか、しっかりと分別・判断することが大切ですね。

 

人生の時間を大小区切って考えてみてはどうでしょう。

例えば、高校3年間や大学4年間、20代や30代、あるいは5年後や10年後といった感じで節目や区切りを自分で作ってみて、その時々で自分が何をすべきなのか・・・

もっと大きくは人生100年という時間の中で自分は一体何をするべきなのか・・・

 

 

//

20150113-28_Ja

<自分のすべきこと>を前にして「時間」を奪われた人は、

ちょうどサッカー場で相手にボールを奪われた人と同じだ。

 

もし今時間が奪われていることに気が付いたならば、ボールを奪われたら全力で奪い返しに行くように、自分のすべきことをするところに全力を尽くしましょう!!

 

//

20141120-14_Ja

短い時間も活用しなさい。小さいものも活用しなさい。

何でも使い方次第だ。

 

隙間時間ってたくさんありますよね。

たとえ5分でも10分でも使い方次第だと肝に銘じて有効活用しましょう!

 

という僕も5分、10分の時間を遊ばせてしまうことがあります。

これからはストレッチで体をほぐしたり、ブログのアイディアを考える時間にあてようと思います☆

 

 

//

20140409-1-2_Ja

「目的地まで行くうえで時間がどれくらい残っているか」が問題ではない。

「飛行機で行くか、車で行くか、自転車で行くか、歩いていくか」が問題だ。

これと同じく、

「これから人生を生きる日がどれくらい残っているか」が問題ではない。

「どれだけ早く行なうか」によって、残っている時間が左右される。

 

スポーツの種目によっては熾烈な時間との戦いをすることになります。

その際、時間がどれくらい残っているのかももちろん重要ですが、どれくらい早く行なうかによって残り時間が少なかったとしても十分に勝利をおさめることができます!

残り時間が少ないと嘆くのではなく、残された時間でどのように行なうかによって運命が左右されることを知り、早く行なう方法を探し出して勝利しましょう!!

 

//

 

今日、時間に関する金言をたくさん紹介しました。

一番最初に紹介したように、時間をどのように使うかが重要ですので、みなさんが時間の使い方を今一度省みる機会になったら幸いです☆

 

関連記事一覧

PAGE TOP