スポーツを通して何を学ぶのか?

Pocket

スポーツを通して学ぶことはとても多い。

しかし、スポーツを通して何を学び、何を生活に活かしたらよいのか、
スポーツを通して何か学べるとは思いながらはっきりとした答えを持っている人は多くないのでは?

踊る人、スポーツをする人は<考え>と<体>が同時に動く。
生活するときもそのようにしなさい。

そう教えてくださったのは鄭明析牧師だ。
鄭明析牧師はスポーツを通してどのように生活をしたら良いのか教えてくださる。

この言葉の通り、
踊るときや何かスポーツをするとき、考えと体が同時に動く。
『「考え」たことをすぐに「体」で行なう』ことを訓練するのがスポーツとも言えるということだ。

スポーツでは『考え–>体(行ない)』のプロセスが連続し、
この『考え–>体(行ない)』のプロセスがプレーの成功失敗を左右する。

 

サッカーを例に考えてみよう。

私はあまりサッカーが上手くないがゆえに典型だと思うのだが、
自分の考えとボールの行き先が大きく異なる…
これは考えた通りに体が動かせていない結果、起こることと言える。

 

野球を例に考えてみよう。

ピッチャーがボールを投げてくる。
ボールが手元まで来たその瞬間「ここだ!」と考えてフルスイングしたのだが、ボールはキャッチャーミットの中に…
これも考えた通りに体が動かせていない結果、起こることだ。
(あるいは、「ここだ!」と考えたこと自体が間違っていたという場合もある)

故に、反復練習することで「考えを体で行なえるように」訓練するというわけだ。

 

体がついてこない」と言ったりする。
これはまさに考えを体で行えていない状態を表現している。

自分の生活を省みたときにも体がついてきていないことが多々あると思う。
どれだけ良い考えを持っていたとしても、その考えを体で行なわなければ宝の持ち腐れ。

スポーツで考えと体を同時に動かす訓練ができていれば宝の持ち腐れにはならない。

各自の中に良い考えが眠ってしまってはいないだろうか?
考えるだけで終わってしまっていることが…

スポーツを通じて考えを体で行なえるように訓練することを通して、生活の中でも良い考えをすぐに体で行えるようにすること。
これがスポーツを通じて学べることのうちの一つだ。

今後スポーツをするときには、考えと体を同時に動かすことを意識してみてほしい。

 

いつから行なうべきか。
「今日」から行ないなさい!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

PAGE TOP