【扉を開けるカギ】第8話:「上手くなりたい」と思う選手に届けるヒトコト

Pocket

【扉を開けるカギ】の第8話は「上手くなりたい」と思っている選手の話。

「上手くなりたい」

これは誰しもが思っていることだろう。

どうしたら上手くなれるのか?

彼はその答えを求めていた。

何か特別な練習メニューはないだろうか?
自分のことを良く教えてくれる指導者はいないだろうか?

そんなことを考えてみて、実際に色々探し回ってみた。
自身が研究もしてみた。

しかし、何か、何か特別なモノを探す彼を満足させる答えは見つからなかった。

そんな中、彼は先生に出会った。

どうしたら上手くなれるのか?という疑問の答えも先生に求め、先生の言葉に耳を傾けた。

先生は何とおっしゃったか?

“잘하려면 반복하라”
“上手くなるためは反復しなさい”

人々は上手くなるために何か特別な方法を探している。
特別な練習メニューがあるのではないか?自分を良く教えてくれる指導者がいるのでないか?と。

もちろん練習メニューの工夫は必要だし、良い指導者に巡り合うことは大切なことだが、
どんなに良い練習メニューや指導者に出会ったとしても自分が反復練習をしなければ上手くはならない。

上手くなるために努力する選手たちは肝に銘じてほしい。

反復、この【扉を開けるカギ】はいつも握って放さないことを。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP