【扉を開けるカギ】第4話:世界大会という大舞台に挑む代表監督に贈られたヒトコト

Pocket

【扉を開けるカギ】の第4話は初めて世界大会という大舞台に挑む代表監督の話。

彼は地域の代表チームの監督を初めて任されたのだが、
厳しい国内予選を勝ち抜き優勝、アジア大会でも優勝し、世界大会の切符を掴んだ!

彼は世界大会に挑む前にどうしても先生から指導を受けたかった。

先生のもとを訪れ、世界大会に出場するにあたり、コーチをしてくださいと依頼した。

その時、先生は何とおっしゃったか?

先生は3つのことをおっしゃった。

“정신일도”
“精神一統”

“하늘의 운에 타야 된다”
“天の運に乗らなければならない”

“감각이다”
“感覚だ”

もうすでに天の運に乗って世界大会進出を決めたことは誰も否めないだろう。

世界大会の模様を私はすべて中継で見守ったが、
結果は惜しくも3位だった…

いや、惜しいという言葉は必要ない。

初めて代表チームの監督になって、国内予選・アジア大会を勝ち抜き、世界の舞台で3位になったのだから!

重要な試合・大会に臨む前にはこの【扉を開けるカギ】を必ず記憶したい。

次は世界の頂点に立つ彼の姿を見ることができるだろう…

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP