捨てることのできないアンダーシャツ

Pocket

野球を始めてからどれくらいの歳月が流れただろうか?と不図思い、
数えてみると…

なんと…

22年もの歳月が流れていた!

人生の3分の2を野球と共に過ごしていると思うと、
物凄い長い歳月だなーと自分自身の人生に感嘆する思いが沸き上がってきた。

何か一つのことを長い間続けることは易しいことではない。

途中で挫折する多くの人たちをわき目にしながらも、
どんなことがあっても最後までその道を行く人が勝利し、その道を制していくであろう。

多く人たちが野球で職を手にすることを夢見ているが、
実際に最後までその志を持ち続けて成功を手にした人はごく僅か…

私がそのうちの一人になることができたのは、
まさに最後までその道を諦めることなく歩んで来たからだと思う。
(もちろん、神様を信じて勤しんで信仰生活を送ったからだ!ということは言うまでもないが…)

さて、今日のタイトル「捨てることのできないアンダーシャツ」、
私にはどうしても捨てられないアンダーシャツがある。

ただもったいないからという理由ではない。

そのアンダーシャツの中に「たくさんの思い出」が詰まっているからだ。

高校の時から今まで使っているそのアンダーシャツは、
正直臭いも良くなく、早く捨てろ!と言いたくなるアンダーシャツ。

しかし、そのアンダーシャツを手に取る度に、今でも昨日のことのように高校の時の記憶がよみがえるから捨てられずにいる。

寝ても覚めても野球、
炎天下の中で毎日何百球も投げたことは少なからずとも今の自分の基礎となっている。

その捨てられないアンダーシャツは左肩の部分が大きく破れてしまっている…
バッティングマシンのローラーが私の左肩をかすめたからだ…

あの時、どのようにして瞬間回避できたのか、記憶にないが、
もし避けなかったならば、今、自分の左腕は無かったのかもしれない…
(守ってくださった神様に心から感謝…)

 

そんな過去も含め、様々な思い出が詰まっているアンダーシャツと、
ついに、今日この記事を境にお別れしようと決断した。

 

過去どれだけ素敵に生きたとしても、
今、現在自分がどのように生きているのかが重要ではないだろうか。

もちろん、素敵な過去は後代にまで語り継がれ誉め称えられるが、
今、自分がどうあるのかがもっと重要だと思う。

先生はコーチしてくださった。

「古いものを葬りなさい。
そうしてこそ新たなモノを得る。」と。

過去より素敵に現在•未来を生きることを決意し、
アンダーシャツも捨て、文章として記録にも残す。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物はラーメン、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP