2019年のスポーツ界の動向からよむ日本に来る機会

Pocket

ちょっとおそくなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 

2019年のスポーツ界の動きと題しましたが、
みなさんは2019年にどんなことがあるかご存知ですかね?

 

なんと!!

 


バレーボールのワールドカップ日本開催!!

 

 

そして!!

 

 


ラグビーのワールドカップ日本開催!!!

 

 

2020年の東京オリンピックに先立って
2019年には大きな大会が日本で行われるようになるということです。

つまり今年2019年と来年2020年には
スポーツを通して世界の視線が日本に向けられることを意味します。

政治・経済・文化・芸術など、世界に向けて様々な発信ができる機会となります。
ここでどのようにするのかが本当に重要ですよね。

2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)でオリンピックでは、
韓国と北朝鮮が開会式で共に入場行進をしながら平和の祭典の象徴してのオリンピックの意を際立たせ、
2018年年間を通して韓国と北朝鮮は距離をぐっと縮めました。

様々な声はありますが、
スポーツを通して国家間の問題、民族の問題の解決が進んだという事実に注目すると、
やはりスポーツが持つ力の大きさに感嘆するしかありません。

これと同じく、
日本においてもスポーツを通して何らかの“歴史”を起こす機会である今年2019年と来年2020年、
大きな流れを掴んで飛躍するみなさんになることをお祈りしています^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物はラーメン、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP