優勝を通して確信するようになった信念~もがきが傑作品を生む~

Pocket

衣食住に不自由しない時代であったとしても

ある目的を成し遂げるまでには

多くの困難に立ち向かうことになる

 

我々のチームもそうだった

全国大会で優勝するまでに

多くの困難を経験した

 

チームが始まって以来

練習する場所を探しまわった

河川敷にあるサッカー場に

ネットだけを立てておいて

簡易野球場として練習する日々が続いた

(今現在もそうだ)

 

ある人は言った

「こんな場所でどうやって
野球をすることができるのか?」

 

またある人は言った

「ひと昔前よりも劣った環境で
野球をさせているのではないのか?」

 

良い環境・野球場をうらやましくも思ったが

師の言葉が考えに浮かんだ

 

環境に左右されるな

人は作り方次第だ

やらなければできないし
やればできる

その言葉をもってもがいた

本当に血の涙が滲む努力だった

 

——

 

チームが始まって3年半

ついに全国大会準優勝を成し遂げた!

 

全国大会優勝まであと一歩

 

しかし

ここで限界にぶつかった

 

全国大会が開催されるたびに勝ち上がるも

準優勝、3位、準優勝、3位という結果の山..

 

そんな中

こんな考えがしきりに浮かんだ

「やはり人は環境が重要なんだろうなぁ
良い野球場ひとつでもあったらなぁ」

他のチームの野球場をうらやましく眺めた

「環境が問題ではないと思うけれども
実際のところは…」

考えが深くなった

 

 

そんな時

師の一言から力を受けるようになった!

準優勝は優勝の条件になる

 

今までやってきたことを信じて

ここでもっと力を出そう!

 

その決心は天まで届いたようだった

 

——

 

過ぎし2018年10月9日

韓国の歴史上大きな意味を持つハングルの日は

チームとしても大きな意味を持つ日になった

 

全国大会初優勝

 

困難な環境を克服した結果

大きな実を結んだのだった

 

石の上にも3年
~ついに成し遂げた全国大会での優勝~

 

この結果を得て後

信念は確信へと変わった

 

環境に左右されるな

人は作り方次第だ

やらなければできない
やればできる

最後に師の一言

もがきは傑作品を生む

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP