8月9日(野球の日)

Pocket

タイトルの意味、分かりますかね?汗

語呂です。笑

 

 

ちなみに「ベースボール記念日」は6月19日!

1846年のこの日、公式な記録に残る史上初の野球の試合がニュージャージー州ホーボーケンのエリシアン球場で行われたことを記念した日だそう。

 

 

 

さて…

 

 

甲子園がやはり気になりますね!

文字通り「命懸け」の戦い。

観ている人たちも手に汗を握るしかありません。

 

そんな戦の中で僕が心配することは、『エラー』での敗北。

明らかに自分の責任で負けたと分かる場合に、その球児はどうしたらいいのだろうか・・・

 

「甲子園優勝の夢を『僕』が壊してしまった」

「高校3年間の労苦を『僕』が水の泡にしてしまった」

 

自責の念に陥ってしまった球児たちへ

人は生きて行くうちに、いくら熱心に頑張っても、「自分のすべきこと」でミスを犯して、自分を恨み、嘆き、諦め、そのことで自分の首をしめる人たちが多いです。この時、自分がミスを犯してできなかったことを考えて、嘆き、落胆ばかりしていてはいけません。

鄭明析牧師はこのように教えてくれました!

 

 

僕の話をすると、中学の時に全国大会で8連続四死球を出してしまいました。

試合は台無し、仲間は激怒・・・

明らかに僕の責任・・・

そういうこと、あります。

 

 

甲子園の道は閉ざされかもしれないけれど、人生の道があるじゃないか。

 

 

残念ながら甲子園で涙を流した球児たち、本当にお疲れさま。

少し休んで、落ち着いた時に、これからの人生どういきようかと考えてみて、どのような道を自分は歩むべきなのか考えてみてほしいです。

道が分からない時には摂理を尋ねてみてください。

必ず答えが見つかります。

 

ヨハネによる福音書14章6節
イエスは彼に言われた、「わたしはであり、真理であり、命である。・・・
自分が歩むべき 人生の道が見つかりますように。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

PAGE TOP