神がかったアーチについての考察

Pocket

1-0で迎えた3回裏

相手のエラーから始まって
1アウト1,2塁のチャンスを作った

打席にはいつも3番に座る

彼には「何かやってくれるのではないか」と
いつも心の中で期待をしてしまうのだが…

この日はその期待に大きく応えてくれた

 

カウントはフルカウント

 

相手ピッチャーは直球で勝負に来た

しかしその直球は若干甘く入った…

彼はその甘く入った直球を見逃さなかった!

まるで鷲が獲物を見つけてその爪で捕らえるように!

 

打球は「美しい」曲線を描いて
バックスクリーン横に突き刺さった

本当に「美しい」と形容する他ないほどに
美しいホームランだった

 

 

毎試合のようにホームランを見ると
何だか勘違いをしてしまいそうになるのだが
ホームランを打つことはそんなに簡単なことではない

コンマ何秒の世界で
ボールを見て判断して
スイングして正確にボールを捉える

このことについて
私は心底神秘的だと思う

力強いスイングで
約100メートル先までも飛距離を出す

実に雄大なことではないだろうか

 

・アーチの美しさ
・1秒以下の世界で決まる勝負の神秘さ
・飛距離の雄大さ

 

この3拍子が揃うと
本当に神という存在を
肌で感じる

 

打った本人は
もっと感じたことだろう

 

今日の試合を通して感じたことをつれづれなるままに綴った(2018/07/24)

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP