ポール直撃弾から得た大きな教訓

Pocket

「ガーーーン」

鐘のような「低い音」
球場内に鳴り響いたのは
1回裏だった

1番が凡退し、
続く2番

カウントは1-1だった

内角一杯
肩口から落ちてきたカーブを
うまく捉えた

綺麗な放物線を描いた打球は
レフト方向へ

放物線を描く打球に
球場内の全ての視線が集まった

 

切れるのか
切れないのか

一方の期待には応える「音」であり
他方の期待には反する「音」だった

球場内に鳴り響いた低い「その音」と共に
審判が手を頭上で大きく回した

 

見事な「ホームラン」だった

 

みなの目が覚める「音」ともなった

試合の流れが
わがチームに傾いた

 

ホームランを放った彼は
前々回の試合で4三振…
前回の試合で2三振をしていた…

 

何かが見えた

 

彼自身としては自分のスランプの
チームとしてはこの試合の突破口となったひと振り

 

 

何か物事を成し遂げようとするとき
平凡にはいかない

なかなか進まないことがあるし
行き詰まることがある

そんな時に
その状況を突破する「何か」が必要だ

突破口を見出だすと言うが
突破口を見出だす人は
(何か知識が豊富だとか
そういう言うこともあるかもしれないが)
その思考・精神・信念
他の人とは違うと思う

「何としても成し遂げる」
「必ず成し遂げる」

そういった思考・精神・信念ではないだろうか

 

彼は口にはしないものの
不振が続いた時間は
本当に悔しそうにしていた

おそらく心の中で
「必ず打ってやるぞ!」
打てない度に言い聞かせていたのだろうと思う

 

何か物事を成し遂げようとするとき
困難や逆境に直面したとき
「必ず成し遂げてやるんだ!」と
そういう気概を持って生きたい

 

コーチの私にとっても
目の覚める「音」だった

 

試合を回想して(2018/07/24)

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP