試合後のバスの中で反省~勝敗を分ける精神的な部分のこと~

Pocket

0-0の均衡が破れたのは
4回だった

2-1という
有利なカウントから
甘く入った勝負球を捉えられ
先制を許した

どっこいどっこいのチーム相手に
うちの監督は中盤がカギだとおっしゃっていたが
その言葉が試合後に脳裏を駆け巡った

蓋を開けてみれば5-0…

 

先制を許したプレーひとつが
結局、決勝点・命取りとなったのだった

 

先生はいつもおっしゃる
「気を引き締めなさい」と

ここぞという勝負どころでは
その言葉の実戦が明暗を分ける

明らかな実力差があった訳ではない
結局精神的な部分でボロが出たのだった

 

「勝負どころでは一層気を引き締めよう」と
選手に激励を送りながら
自分に対しても自問自答した

サインを出す自分も
もう少し気を引き締めて
慎重な選択をしたら良かったのではないか…

 

後悔した
後悔は後でする
本当にその通りだ

 

精神の鍛練はどうしたらうまくいくのか?
本当に悩ましい

たくさん経験を積むしかないのかもしれないとも思う
気を引き締められなかったことで失敗をしたらば
次は気を引き締めようと分かるからだ

技術的な指導はもちろんのこと
どうやったら精神的な面を伸ばしてあげられるのか
今後の大きな指導テーマだ

気を引き締めることができず
気を緩めたその瞬間にやられる
悔しい思いを二度としないように

試合後のバスの中で

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP