何かが物足りない・・・

Pocket

いつものように練習を終えて道具の片付けをしている時に、
不図、極度に虚しくなったというか、心にぽっかり穴が空いたような感じになりました。

 

何かが物足りない・・・

 

いろんな複雑な感情が立て続けに芽生えてきたのですが、
こらえきれなくなって、教会に足を運んでお祈りをしました。

その時にある御言葉が思い出されました。

 

「ルールを決めなさい。」

 

上手くいっていないわけでは決してない状況。
選手もこの冬のトレーニングを乗り越えて伸びて来たし、
クラブとしても練習環境・用具、スタッフ、様々省みても悪くない。

でも「何かが物足りない・・・」と思う原因があったわけです…

<人間の心と心理>はそういうものです。
<自分の頭>を満たし、<自分が願うこと>を満たそうと、
ありとあらゆる努力をし労苦をして生きていきますが、
いざそれを満たしても、そこに満足できません。
だから人間は「限界」を決めて生きなければなりません。
<限界>までやったら「満足だ」と決めて生きなければなりません。
つまり自分が「ルール」を決めて生きなければなりません。
そのルールに従って生きて、そこに満足してこそ、喜びが満ち溢れるようになります。

人には欲があります。
その欲は何か目的を成そうとするときには大きな原動力になりますが、
ルールを決めておかなければ、満たしても満たしても満足することができない人生にする毒になります。

自分としても、チームとしても、
どの水準の指導を目指すのか?どのラインまで到達すればチームとして成功か?
などなど、ルールを決めることが必要だと悟られました!

何かが物足りない・・・と感じている人がいらっしゃいましたら、
是非ともこの御言葉を参考にしてみてください!

 

P.S.
これが、信仰生活をする味だと僕は思っています。

何か問題にぶち当たった時に、祈ってみる。
そうすると神様がくださった御言葉、以前聞いた御言葉が思いされる。
その時には特に答えと感じなかったけれども、「やっぱり御言葉が答えだ!」と再認識できる。
もっと御言葉に食らいつく。
問題が出て来ても御言葉が答えだから心配がなくなる!

だから、僕は御言葉を欠かさずに聞きます!
この味はぜひみなさんにも味わってほしいですね^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP