気分転換→気分調節

Pocket

みなさん、ストレスが溜まることがありますか?
ないっていう人は正直いないんじゃないかなぁと。

ストレスが溜まった時にどうしますか?
気分転換にちょっとドライブでもするか!なんて、普段出かけない場所に行くこともあるでしょう。

さて、気分転換をすれば、ひと時はそのストレスから解放されます。

でも、またストレスが溜まることになるでしょう。

最近、先生は強調して環境・状況・雰囲気に流されるなと教えてくださいました。
そして、「自分の気分を良い方に調節しなさい」とコーチしてくださいました。
これは、僕の中では、革命的なコーチでした!

気分転換の次元を超えて、気分調節
事後処理するのではなく、未然防止!

人は気分で物事を判断し、処理してしまうことが多々ありますね。
その気分を調節することができるんだったら、冷静な物事の判断ができるし、後悔する数は格段に減ると思います^^

じゃあ、自分の気分をどのように調節したらいいのでしょうか?
自分の気分ですから、自分で調節するしかない!というのが今のところの僕の結論です。(←もっと研究が必要ですが、自分のことですから自分でできるはずです。)

選手を指導しながら、あまりにも気が引き締まらない選手たちに気分が悪くなることがあります。
でも気分を悪くしているのは自分だということに気づきました。

自分の気分は自分自ら思うとおりに調節できるのに、どうして気分悪く調節しますか?

自分の気分を良く調節して、ストレスフリーの生活を目指します!
喜び充満!!

投稿者プロフィール

LDK
LDK
小学校4年から大学4年まで野球に打ち込んできた。
選手としての実績を多く残すことはできなかったが、
大学・大学院で専攻したスポーツ心理学の知見を持って指導者の道に進む。
現在、韓国に渡り、野球クラブチームでコーチを務めている。
昨年度のチーム最高成績は全国大会にて準優勝。
実力もさることながら教育にも力を入れていて、
世界の野球チームのモデルケースを作るというビジョンがある。
好きな食べ物はラーメン。韓国料理の中ではチャンポン。
右投げ右打ち、185cmのオーバースローから繰り出すフォークが持ち味。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP