韓国・平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)についてのプチ情報共有

Pocket

今月、ついに韓国・平昌で冬季オリンピックが開催される。

「ついに」と付けたのには様々な意味合いがあるが、
一つには韓国・平昌が冬季オリンピックの候補地として決まったのが2011年のこと。
7年の歳月を準備してきたというわけだ。

それから韓国での冬季オリンピックの開催は「初」となる。
アジアでも1972年の札幌、1998年の長野に次いで3度目の開催となる。

先日、ソウル駅に立ち寄ったのだが、
オリンピック会場への案内が大きくされていた。

最寄り駅と競技会場と種目を分かりやすく見せてくれている。
一旦この情報を確保しておけば心配はなさそうだ。

 

また、ソウル駅にはこんなものもあった。

日本からどれくらいの人が訪れるか分からないけれども、
2018年の韓国・平昌、2020年の日本・東京、2022年の中国・北京とアジア開催のオリンピックが続いていく中で、
スポーツが持つ意味を国民のみなさんが考えるきっかけになったらいいなぁと思うし、

同時に、スポーツが真に目指していくところは一体どこなのか?
我々の文化・生活と密接にかかわるスポーツという存在をどのような位置で捉えて接していったら良いのか?
根本的な問いかけに迫る機会にいいなぁと思う。

 

一度は会場に足を運びたいなぁと思っているが、どうなることやら…
野球の冬連は選手にとっても地獄だが、指導者にとっても…

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP