自分がもらったもの・それをくれた存在

Pocket

人の欲望というのは計り知れない。
特にお金が絡むことに関しては…

お金によって人間関係が崩れることが多く、
神様に対しても誤解を抱くようになる…

 

一つのたとえ話を先生がしてくださった。(少しアレンジして紹介する。)

切実に「リンゴ」を願い求めていた。
しかし、いつまで経っても自分の願い求めている「リンゴ」を手に入れることはできなかった。
来る日も来る日も「リンゴ」を待ち望み、その思いは天にまで届いた。
その時、一つの声が聞こえた。
「あなたは『リンゴジュース』を飲みながら『リンゴ』を手に入れることをまだ望んでいるのか?」

 

自分が願い求めたものは相応しければくださる。
(冷静に考えてみると、ものすごい話だ…)

しかし、自分が思っている形とは違うことがある。
神様は根本を見て、くださるということだ。

 

例えば、スキルアップのために何かの資格に挑戦しようとしているが、お金がない。
だから経済の祝福をしてくださいと祈り願い求めたとしよう。
その時、ある人が「自分は使わなくなったから譲るよ」と言って資格勉強のためのテキストを譲ってくれ、さらにはカフェで3時間も概要をレクチャーしてくれた。
(こうして神様が人を通して助けてくれた。)
しかし、経済の祝福がないと続けて嘆いた…

 

どれほど気の毒だろうか…

各自、今、自分が様々に求めていることがあるかもしれない。
しかし、よくよく考えてみると、もうすでに神様が根本的な願いを聞いてくださり、叶えてくださっている場合が多い。

 

先生はそんな神様の方法で、自分たちの根本的な願いを省みてくださり叶えてくださる方だ。
目には見えないけれども、言葉では表現なさらないけれども、全部分かって施してくださる。

僕の好きな言葉の一つは「アンサング・ヒーロー」という言葉だ。
歌われない英雄という意。

何も言わないけれども、実は裏では全てを分かってやってくれている。
誰も分かってくれなくても…
称賛されなくても…

そういうアンサング・ヒーローこそが真の英雄だと思う。
先生はそういう生き様だから、英雄という名に相応しいと僕は思う。

 

自分がもらったものについて今一度省みて、
それをくれた存在について正しく認識することを心から願います。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP