高校サッカー選手たちに送るメッセージ

Pocket

b52ad955db198d644a8e4b0b2781c285_s

第95回全国高校サッカー選手権大会が青森山田の初優勝で幕を閉じた。

いくつかのニュース記事を読んでみると、
Jリーグチームの下部組織に入ることができず、
いわばエリートから漏れた選手が高校のサッカー部に入部するようなのだが、

そのエリートから漏れた“挫折”を力に変えて、
もがきにもがいた青森山田の選手の努力の結晶が今回の優勝につながったという。

 

もがきは傑作品を生む。

 

この言葉は鄭明析牧師の実践哲学から出てきた言葉だ。
もがいてもがいてもがいた結果物は傑作品である。
それはどんなものか?
他でもなく「強くなった自分」という傑作品だと思う。

 

また、高校サッカー選手たちに送ったアスリートのメッセージが印象的だったので紹介する。

高校時代 プロになってから 日本でも 海外でも
いつだってエリートではなかったけど 決してあきらめずに もがき続けてきた
もがいて もがいて もがき続ければ その先に結果が出る」 そう信じてやってきた
だから 苦しいときも あきらめずに どん欲に もがき続けよう。
(岡崎慎司選手)

 

やはり“もがき”がアスリートという傑作品を生みだしたことを確信するしかない。

 

//

 

また、高校サッカーに没頭して願う結果が出ずに悔しい思いをした選手たちも多かったのでは…

8235029c5c6e316fc6af99d6a33c717b_s

 

そんな選手たちにエールを送りたい。

 

20140804-1_ja

よく頑張っていたのに、現実において困難に直面したら、
心が弱くなり、心が崩れて、挫折し、つらくなる。
その時は「今までやってきて積み上げたもの」があるから、
その力で打ち勝つのだ。

 

自分を過小評価することなく、
鄭明析牧師の言葉の通り、
各自「今までやってきて積み上げたもの」を力に前進することを願う。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP