摂理のスポーツ行事

Pocket

年始、素晴らしい天候のもとで摂理のスポーツ行事が行なわれました。
キリスト教福音宣教会の会員たちの競技に励む姿を見ながら感銘を受けました。

スポーツ競技を純粋に楽しむこと、
無我夢中になって自分の持てる力を最大限発揮すること、
少年少女のような心で、天真爛漫な笑顔でプレーする姿、
相手チームのためにも応援する姿、
最後は互いの健闘を称え合って拍手する姿。

 

このようにしてスポーツ競技に取り組むならば、
スポーツを通して“和”を成すことができる!

 

そう確信する時間でした。

 

また、誰一人としてケガすることなく終えることができました。
スポーツの中でも安全面は重要な部分だと考えます。
自分の体と相手の体を貴重に思う鄭明析牧師のコーチをもとに、
「けがをしない、させない」ことを意識したからこそできたのだと思います!

 

2017年、このスポーツ行事を皮切りに、
各地でスポーツを通して“和”が成されていくことを期待しています!

 

『摂理スポーツ』においても、
スポーツを通して何を学ぶことができるのか?
スポーツを通して何ができるのか?
スポーツの真価に迫っていけたらと思っています^^

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物はラーメン、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP