イチロー選手が子どもたちに送ったメッセージ

Pocket

一流アスリートはどこが違うのか?
私は“思想・哲学”だと思います。
易しく言えば“考え”が違う。

d1aaab393984c245fa1e9d3d8b8d5727_s

 

今年メジャーリーグで3000本の安打を記録したイチロー選手は、
先日、自身が大会長を務めるイチロー杯の閉会式にてこのように子どもたちにメッセージを送りました。
以下、スピーチ全文。

「みなさん、こんにちは!(声が)小さい…。こんにちは!

 マイアミ・マーリンズのイチローです。ここにいる3チームのみんな、本当におめでとう。199チームの中から、3チームに残ったこと、勝ち上がったこと、本当に凄いと思います。僕は5チームの中で今年も3位でした。

 今年の僕がみんなにかけてあげられる言葉を少し探してみました。今年メジャーリーグで3000というヒットを達成することができました。こういうことがあると、たくさんの人から褒めてもらえます。そして、イチローは人の2倍も3倍も頑張っていると言う人が結構います。でも、そんなことは全くありません。

 人の2倍とか3倍頑張ることってできないよね。みんなも頑張っているからわかると思うんだけど。頑張るとしたら自分の限界…自分の限界って自分で分かるよね。その時に自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。ということを重ねていってほしいなというふうに思います。

 みんなが今、ボクを目の前にして…日本のプロ野球で何年かやってアメリカに行って16年終わったんだけども、そういう目に見える結果を残したからそんなふうに言えるんじゃないかって思っているかもしれないけど、それは全く違っていて、僕もみんなと同じように野球少年だったし、ここに今日来てくれた関根選手もみんなと同じ。しかも彼は毎年、1回戦負けの選手でした。ね? みんなの方が成績がいいんだよ。現段階では。

 彼もきっと人との比較ではなくて、自分の中でちょっとだけ頑張った。そのことを続けていくと、将来、思ってもいなかった自分になっている。と僕は思うし、実際、僕だってメジャーリーガーになれると思っていなかったし、アメリカで3000本打てるなんてことは全く想像が当時できなかったんだけど、今言ったように、自分の中でちょっとだけ頑張ってきた。それを重ねてきたことで、今現在(の自分)になれたと実感しているので、今日はこの言葉をみんなに伝えたいと思います。

 そして、横浜DeNAベイスターズの関根選手。彼はこの場に来ることはできなかった選手だけれども、みんなのように野球少年であった彼に、どうしたら、18(歳)の時から1軍で試合に出る、このことはなかなかできることではなくて、凄い選手なんです。その彼に人前で話すことがいかに難しいかということを実感してもらうことも踏まえて、挨拶していただきたいと思います。関根選手、よろしくお願いします」

引用:YAHOO!ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00010008-fullcount-base , 2016.12.24取得)

 

このイチロー選手のスピーチから2つの“考え”を見てとることができると思います。

①人と比較しないこと。
 「人の倍頑張れ!」というアドバイスはよく耳にします。
 競争意識を持つことで自分を奮い立たせる面もある一方で、
 その言葉が人の目を過剰に意識することになり、
 自分自身の存在価値を他人との比較の中に置くことになってしまいます。

 鄭明析牧師は、神様の方法で人生を生きる時人は最も輝きを放つことを聖書を通して教えてくださいます。

神様の方法は<競争>でも、<後ろ盾>でも、<不正>でもなく、自分のすべきことをしながら、自分の前に置かれた「生の状況と競って勝つこと」

 イチロー選手も人と比較せず、
 自分自身の限界からもう少し頑張ってきたことで今のご活躍があるのだと思います。

 

②“もう少し”やること。
 鄭明析牧師は、「もう少しやれば運命が変わる」と教えてくださいました。
 「もっと頑張れ!もっと努力しろ!」とおしりを叩かれた経験がある方もいるかもしれません…
 成功の秘訣は「もう少し」です!

20160428-1_ja

現在の次元でもう少しだけやれば、
ちょうど時間にしたがって時計の針が移るように、
自分の次元も移る。

20140111-14_ja

もう少しやったことが、それほどにも大きくて大きい。

//

みなさんも人と比較するのではなく、
今の自分の位置でもう少しやることを積み重ねて、
2016年を締めくくり2017年を迎えられることをお祈りします☆

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物は寿司、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP