【スポーツ選手必見】逆境の日には考えよ~コロナの時期にやるべきこと~

Pocket

コロナによってスポーツの各分野においても様々に影響が出ている今日、
スポーツ選手は各自の限られた環境の中で練習に励んでいることと思う。

「運動は感覚だ」と先生はおっしゃったけれども、本当にその通りで、
持続的に運動しなければ感覚は鈍ってしまう。
さらには運動しない期間が長くなれば長くなるほどに
本来の運動パフォーマンスを取り戻すために時間が必要になってしまう。

血眼になって毎日練習を重ねてきた選手・チームにとっては非常に辛い時期であるが、
聖書にも「逆境の日には考えよ(伝道の書7章14節)」とある通りに、
様々に考えなければならないことがあるはず。

団体競技は皆が揃って練習するのが困難な状況にあるため、
チームワークの維持・向上に苦戦することは避けられないが、
このような機会だからこそ自分自身の個人技に一層磨きをかけることに時間を割くことができるだろう。

先生もおっしゃったように「自分を作る機会」として捉えれば、
個人の力をつけること、レベルアップすることに精を出せるし、
自分には何が足りないのか十二分に考え、分析し、直し、新たな段階へと至ることができるだろう。

先見の明というが、
何事も先を見通して今という時間を過ごすことができる人が成功を掴み取る。

「前もって行ないなさい」
これも先生が教えてくださった大きな知恵だが、
これから起こることに対して前もって備え、行なうことができるならば、
100m走をスタートした時点でゴールの目前にいる選手と同じだろう。

 

いつ試合・大会が解禁されるか分からないけれども、“いつか”はある。
その“いつか”に向けて、今、自分自身を作っておけば、
“いつか”が、いつの間にかやって来た時に慌てふためくことはない。

私自身も、その“いつか”に備えて今やれることに最善を尽くしている。

先生は今日の御言葉で「研究し努力して易しくやろう」とおっしゃった。

個々のレベルアップをしようという言葉がどこかピンとこない…
この言葉を先生の言葉を借りて解釈すれば、
今までできていたことを今までよりも易しくやろう!ということだろう。

全力で140kmのストレートを投げていたとするならば、
研究して努力することで、もっと易しく140kmを投げれるようにする。
そうなればレベルアップしたということだろう。

先生がしてくださったコーチ通りに、
ぜひともコロナの機会に自分自身を作り上げ、
研究して努力して、レベルアップして、
一層輝かしい成績を残すみなさんになることをお祈りします。

スポーツで神様に栄光を帰すという前提はいつもどこでも忘れないように。

投稿者プロフィール

LDK
LDK
韓国在住。
少年野球チームのコーチ。
2018年、2019年には全国大会にて優勝。
日々、子どもたちと切磋琢磨しながら、野球チームの表象(モデルケース)を作ることに奮闘している。
日韓関係が悪化する中でも韓国の地で活動し続ける思いは一つ、日韓の架け橋になるため。
野球という文化・芸術を通して世界に平和の歴史を作ることが夢。
好きな食べ物はラーメン、韓国料理の中ではタクトリタンとチャンポン。
既婚、一児のパパ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP