スポーツ選手・アスリートが一から学ぶ摂理の聖書講座~聖書の基本構造~

Pocket

スポーツ選手・アスリートが一から学ぶ摂理の聖書講座を紹介します!

今回のテーマは「聖書の基本構造」です。

 

*講義メモ*

 

<Point>

・時間の中心にイエス・キリストが常に関わっている。

・聖書は旧約と新約を繋げることが重要。

・旧約聖書はイエス・キリストを預言し、備えさせるためのもの

・聖書を一言で言うと、イエス・キリストについて書かれた書物である。

 

<参考聖句>

・ミカ書5章 2節
しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちから/わたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。 

・ホセア書11章1節
わたしはイスラエルの幼い時、これを愛した。わたしはわが子をエジプトから呼び出した。 

・ヨハネによる福音書5章39節
あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。 

・ヨハネによる福音書5章46節
もし、あなたがたがモーセを信じたならば、わたしをも信じたであろう。モーセは、わたしについて書いたのである。 

・ルカによる福音書24章44節
それから彼らに対して言われた、「わたしが以前あなたがたと一緒にいた時分に話して聞かせた言葉は、こうであった。すなわち、モーセの律法と預言書と詩篇とに、わたしについて書いてあることは、必ずことごとく成就する」。 

 

**

 

世界に羽ばたくスポーツ選手・アスリートたちが聖書についてもしっかりと学んで、
競技生活のみならず、人生についても分かって生きてほしいという願いです!

乞うご期待を!!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP