汗よりももっと上のもの、それは、見えない心情の涙だ!

Continue Reading

人間最高の挑戦と実践とは何か?ギネス記録に挑戦することなのか?

Continue Reading

命を懸けて行う者は、命を懸けて行う者を認める。

Continue Reading

人生はまるでサッカーの競技のようなもので、個人戦であると同時に団体戦である。

Continue Reading
日記

真理について

By on 2015年7月2日

真理とは何なのか?

 

真理は一つである。

その説明の方法が違うだけである。

真理には教派も国境もない。

 

なるほど、互いに敵対している教理・思想・信条もよくよく考えてみれば、説明の方法が違うだけということもあるかもしれません…

 

——–

 

聖書に関して、本当に多くの解釈が存在しています。

しかし、いくら解釈したとしても、真実・史実は一つです。

聖書の中では無理な解釈をしてはいけないことが書かれています。

 

ペテロの第二の手紙3章16節

彼は、どの手紙にもこれらのことを述べている。その手紙の中には、ところどころ、わかりにくい箇所もあって、無学で心の定まらない者たちは、ほかの聖書についてもしているように、無理な解釈をほどこして、自分の滅亡を招いている。

 

 

真理を探ろうとする切実な思いが変質し、聖書の戒めを外れて解釈してしまっている現状なのは悲しいことです。

この聖書の箇所を参照しながら鄭明析牧師はこのように教えてくださいました。

 

2015/06/28

聖書を無理矢理に解いて行なう人とは、神様と聖霊様と御子主の真理から離れて、「自分の主観」で聖書を解いて行なう人を言います。

聖書は「神様の御心」どおりに解かなければなりません。

現実に成されたとおりに解かなければいけないし、無理矢理に解いたことは、歴史が過ぎていっても、聖書が成就しません。

 

僕も自分の主観で聖書を解いて行なわず、正しく学んで聖書の御言葉(真理)を実践していきたいと思います。

 

 

ちなみに、聖書が真理かどうかはについては、聖書に書かれていることを正しく学んでその通りに行なってみたときに、現実に成されたことを見て確認することができます!

 

最後にあるカウンセラーの体験記に書かれていた一説の言い回しがぴったりだったので紹介します。

 

それが嘘だという人は,未だそれを探り当てていないだけである.

 

僕が自分自身で探り当てたと言っているわけではありませんよ。

摂理に来て学んでみてください☆

 

 

Continue Reading

日記

言うは易く、行うは難し

By on 2015年6月28日

「言うは易く、行うは難し」とよく言いますね。

口約束をするものの、実際に行動が伴わない、ということはよくあることではないでしょうか…

 

言ったことは必ず成し遂げる代名詞は鄭明析牧師!

やらないことは言わない、やっていないことは言わない。

 

 

実践者の言葉はその説得力が違います。

摂理の御言葉はすべて鄭明析牧師の実践がもとになっている言葉です!

 

2014/12/14

やればできるし、やらなければできない

 

僕も言ったことは必ず実践する人間を目指します!

 

 

Continue Reading

日記

摂理について

By on 2015年6月26日

摂理に対する誤解

摂理のことを調べてみると「カルトだ」と思ったり、「野蛮な宗教だ」と思ったりするかもしれません。

様々なことがネット上には書かれていますからね。

 

しかし、よく考えてみてほしいです。

摂理があなたに何をしたのでしょうか?

実際に摂理に接してみて判断をしてほしいです。

鄭明析牧師が伝える言葉を聞いてから判断をしてほしいです。

 

摂理

摂理とは、どのようなところでしょうか?

鄭明析牧師はこのようにおっしゃいます。

「分かって信じなさい」

ただ盲目的に信じなさいとは言いません。

実際に目で見て、耳で聞いて、行なって、肌で感じて、自分自身で確かめてほしいです。

摂理がどういうところなのかを!

 

宗教に対する抵抗感

日本は「宗教」というものそれ自体に抵抗があると思います。

特にオウム真理教の事件などをご存じの方は、「宗教は危ないもの」というイメージを持たれているかもしれません。

「宗教」というカテゴリーの中に含まれてしまう以上、致し方ない部分もあるかもしれませんが、摂理のことを何も知らないのに悪く思うことはしないでほしいです。

 

文章の中で伝えるには限界があるかもしれませんが、最善を尽くして摂理のことをみなさんにお伝えしていきたいと思います。

 

Continue Reading