聖書講座

スポーツ選手・アスリートが一から学ぶ摂理の聖書講座~時代における神様と人間の関係性の違い~

2017年2月19日

スポーツ選手・アスリートが一から学ぶ摂理の聖書講座を紹介します!

今回のテーマは「時代における神様と人間の関係性の違い」です。

 

*講義メモ*

 

<Point>

・神様は時代が進むにつれ、人間に対して次元を上げながら働きかける。

・イエスが来たことで、神様と人間との関係性が「親と子の関係」に次元が上がった。

 

<参考聖句>

・ガラテヤ人への手紙4章4-7節
しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった。
それは、律法の下にある者をあがない出すため、わたしたちに子たる身分を授けるためであった。
このように、あなたがたは子であるのだから、神はわたしたちの心の中に、「アバ、父よ」と呼ぶ御子の霊を送って下さったのである。
したがって、あなたがたはもはや僕ではなく、子である。子である以上、また神による相続人である。

 

**

 

講義の中で出てきましたが、
この時代の神様と人間との関係性を“聖書を通して”正確に分かって、
この時代にスマートフォンを持っていない人が時代遅れになるように、
神様のことを知らないで時代遅れになることがないことをお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA